本文へスキップ

シフォンタンクSiphon Tank





「地球環境への配慮」と「コスト削減」の両立
平成17年度 全国発明表彰 特別賞「日本商工会議所会頭発明賞」を受賞した
水処理用ろ過材の洗浄装置(製品名「シフォン式ろ過砂洗浄機」)を応用して開発した製品です

第15回 中小企業優秀新技術・新製品賞  受賞
第19回 神奈川工業技術開発大賞地域環境技術賞  受賞
第8回 かながわビジネスオーディション2003 奨励賞  受賞
第22回 かわさき起業家選抜ビジネス・アイデアシーズ市場 かわさき起業家大賞  受賞
平成16年度 「川崎ものづくりブランド製品」認定商品

●ろ材交換が不要 ●維持管理コストの激減 ●ゼロエミッション・環境問題・ISO14000に貢献

 現在、小規模な簡易水道や民間企業で用いられているろ過装置は半年~5年おきにろ過材交換工事が行われています。この使用済みのろ過材は、洗浄・更生を施せば再利用できるにもかかわらず、洗浄機械等を設置するスペースやろ過材を洗浄する施工コスト等の問題から、産業廃棄物として処分されていました。 これに対し、当社ではろ過材を交換しなくとも常に安定したろ過水水質を得ることができるろ過装置「シフォンタンク」を開発しました。ろ過材が常に清浄な状態に保たれるため、従来のように使用済ろ過材を産業廃棄物として処分する必要もなく、環境問題やISO14000が提唱しているゼロエミッションに対しての大きな足がかりとなり、 かつろ過材交換工事にかかる費用や逆流洗浄に関わる費用を含め、維持管理コストの大きな削減を可能にします。

特  長

  1) ろ過材交換が不要
    シフォンタンク内のろ過材は常に清浄な状態に保たれるため、微量の補砂だけでろ過材
  交換は一切不要です。
  2) 安定した水質が得られる
    シフォンタンクはろ過材を充填時の状態に保つことで安定したろ過を行うことができます。
  また、支持砂利の不陸を防止する構造がとられているため、不陸が原因となって生じる
  ショートパス等のトラブルもありません。 汚泥の堆積によるろ過材の流出量も削減され、濁質
  の捕捉能力は低下しません。
  3)維持管理コストが激減
   「ろ過材交換工事費」「使用済みろ過材の処分費」「入替工事用新ろ過材購入費」等
  は発生しません。そのため維持管理コストを激減させることができます。
  4) 逆流洗浄水量を大幅に削減
   シフォンタンクは硬く凝着した濁質をシフォン洗浄によって完全に剥離し、その濁質のすすぎのみを
  目的として逆流洗浄を行うため、従来のろ過装置と比較して逆流洗浄水量を大幅に減らすことが
  できます。
  5) ゼロエミッションへ貢献
    ろ過材は半永久的に使用することができます。そのため使用済みろ過材を産業廃棄物として処分
  する必要がなくなり、環境問題、
ISO14000に大きく貢献できる「地球にやさしい」ろ過装置です。
  6) 水質維持管理コストを大幅に削減
    ろ過材中に濁質が堆積することはなく、長年の使用による濁質のブレークスルーや有機物等に
  起因するろ過材同士の固着が防止され、水質が常に安定した状態に保たれることから、水質維持の
  ためのリスクが軽減されます。この結果、水質分析やろ過材の状況分析等に関わる費用を大幅に
  削減することが可能となります。
  7) 排水処理にも対応
    ろ過材の固着を防ぐため、上水に限らず、下水・排水処理等にも対応ができます。
  8) 膜処理装置、膜・活性炭装置、軟水装置、純水装置の前処理にも最適
    前処理としてシフォンタンクを導入することにより、後段の装置への負担が軽減できるため、シス
  テム全体に要する維持管理費用と維持管理業務を削減することができます。
  9) メンテナンスは容易
    シフォンスクリュー部分がカートリッジ式のため、タンク自体のメンテナンスが容易です。
  10) 接液部には
SUS304を使用しています
    シフォンタンクの接液部は標準仕様として
SUS304が使用されています。一般的なろ過装置は
  
SSにエポキシタール等の塗装を施したものが多く、その養生作業に大きな費用と
  時間を要しますが、シフォンタンクはこの塗装の補修作業が不要です。


ろ過装置にシフォン洗浄を導入

 
シフォン洗浄原理をろ過装置内に取り入れシステム化したことで、ろ過材は常に清浄な状態に保たれるため、ろ過材交換工事が不要です。また、シフォン洗浄でろ過材を洗浄することで逆流洗浄はすすぎの役割となるため、逆流洗浄水の費用を含めた維持管理コストを大幅に削減します。        
ろ過材の洗浄原理
粒子にかかる重力とスクリュー揚力で渦流を形成 リボンスクリューによりろ過面積を確保 遠心力で外側に向かった粒子が渦流を形成
 
  ・高い洗浄効果
  逆流洗浄・空気洗浄では、目詰まりを防ぐ程度の効果しか望めませんが、「シフォン洗浄」はろ過材
  同士の揉み洗いにより頑固な汚泥分まで除去されるため、新砂に匹敵する洗浄濁度30度以下
  (
JWWA A 103:2004)の数値まで洗浄することができます。
  ・洗浄効果の高い「揉み洗い」ならろ過材の破砕もなし
  ろ過材同士の揉み洗いにより、ろ過材そのものを破砕することなく表面に付いた汚泥のみを確実に
  除去することができるため、ろ過材を設計当初の規格に極めて近い状態で維持することが出来ます。
  ・汚泥分剥離流出現象の回避・低減が可能
  高い洗浄効果により、ろ過水への汚泥分剥離流出現象を回避・低減することができ、常に安定した
  水質を得ることができます。
  ・ろ過材の流出を大幅に減少
  逆流洗浄で流出したろ過材は極端に多くの汚泥やマンガンなどが付着した比重の軽いものであり、
  ろ過材そのものの粒径には関係なく流出します。シフォンタンクはろ過材を設計当初の規格に保つ
  ことによりろ過材の流出を大幅に減らすことができます。


シフォンタンクのフロー

①ろ過 ②逆流洗浄 ③シフォン洗浄 ④逆流洗浄
従来のろ過タンクと同様に圧力式下向流方式でろ過を行います。中心部に内筒およびスクリューの部分にもろ過材が充填される構造により、
同サイズの従来のろ過タンクと同等の処理水量が得られます。
はじめに逆流洗浄を短時間行い、ろ過材を流動してから、シフォン洗浄を行います。 スクリューの回転により、水とろ過材を下部から上部に押し上げようとする上方向の力と、重力による下方向の力を受け、ろ過材同士が揉み洗いを行います。 シフォン洗浄後、逆流洗浄を行い、洗浄水を排水します。シフォン洗浄が施されたろ過材は汚泥分が完全に剥離されているため、簡単にすすぐだけで汚泥分を除去することができます。

従来のろ過タンクと「シフォンタンク」の比較


  従来のろ過装置 シフォンタンク 理由・効果
ろ過材の
洗浄方法
逆流洗浄・(空気洗浄)  シフォン洗浄・逆流洗浄   逆流洗浄・空気洗浄では除去しきれない汚泥分もシフォン洗浄により除去されるため、ろ過材を常に清浄な状態に保つことが可能
ろ過材の
粒径
付着・凝着物により肥大する傾向あり 常に充填時の粒径を
保持
 ろ過材の流出や粒度変化がないため、常に安定した水質を得ることができる
維持管理
コスト 
「ろ過材交換工事費」
「産業廃棄物処分費」
「新ろ過材購入費」
が発生 
左記コストの発生なし   ろ過材を半永久的に使用できるため、
ろ過材交換工事は不要
逆流洗浄が頻繁に必要  逆流洗浄の時間短縮・回数低減が可能  シフォン洗浄によりろ過材が常に清浄な状態に保たれ、逆流洗浄の時間を短縮。逆流洗浄にかかる水道料金等維持管理コストを大幅に削減
工事・
メンテナンス
定期的なろ過材交換工事が必要  ろ過材交換工事は不要 ろ過材を半永久的に使用できるため、
ろ過材交換工事は不要
 トラフ・表洗管等が障害となるためメンテナンスが困難  内部構造がシンプルな
ためメンテナンスが容易
 シフォンスクリュー部分はカートリッジ式のため、メンテナンスが容易
支持層 支持砂利を使用しているため、不陸が発生する可能性大   不陸を防止する構造が取られているため、不陸の発生なし  不陸が原因となって生ずるショートパス等のトラブルなし
環境対応  使用済みろ過材の
産業廃棄物処分が
必要
 使用済みろ過材の産業廃棄物処分は不要  産業廃棄物が発生しないため、
環境問題・ISO14000に大きく貢献
ろ過水の
安定性
ろ過材汚濁進行時、
ろ過水への汚濁分剥離流出現象の可能性大 
 安定したろ過水の維持  高い洗浄効果によりろ過水への汚泥分剥離流出減少を回避
ろ過時間の経過とともに濁質捕捉能力が低下   ろ過水清浄な状態を維持するため、濁質捕捉能力低下を抑制  安定した水質を維持し続けることが可能
高有機物
原水の処理 
 ろ過材が固着し、閉塞を起こす可能性がある  ろ過材が固着しないためろ過が正常に行われる  上水に限らず、下水・排水処理等にも対応可能


シフォンタンクフローシート例



シフォンタンク標準仕様


    ●材  質  本体:SUS304/電動機受台:SS400
 名称  本体径  カートリッジ径  モータ(kW)  処理水量(LV=10)
 ST-700  φ700  φ200   3.7  3.8m³/H
 ST-900  φ900  6.3m³/H
 ST-1000  φ1000  φ250  5.5  7.8m³/H
 ST-1200  φ1200  11.3m³/H
 ST-1500  φ1500  φ400  7.5  17.6m³/H
 ST-1600  φ1600  20.0m³/H
 ST-1800  φ1800  25.4m³/H
 ST-2000  φ2000  φ500 11.0  31.4m³/H
 ST-2200  φ2200  37.9³/H
 ST-2500  φ2500  φ700  18.5  49.0m³/H
 ST-2800  φ2800  61.5m³/H
 ST-3000  φ3000  70.6m³/H
    ご要望に合わせ原水を分析した上で、ろ過層構成を含めた充填ろ過材およびタンクサイズを
ご提案いたします。詳細については当社担当者にご相談ください。
          ※仕様は予告なく変更する場合があります。