本文へスキップ

SWS 外付け型ろ過材洗浄装置Siphon Washing System




外付け型ろ過材洗浄装置ろ過材
Siphon Washing System


ピタッと付いてスカッと洗う!


    用水・配水系等いずれの水処理設備でも用いられているろ過装置。処理水水質が安定しない、
  ろ過材の入替計画など維持管理面で頭を悩ますことが多いのではないでしょうか。原因はろ過材に
  ありました。
    
SWSは、日本原料がろ過材メーカーとして持つ豊富な実績・経験を結集させたろ過材洗浄技術
  「シフォン洗浄」システムです。外付け型ユニットとして、現在ご使用中のろ過装置に取り付けられる
  洗浄装置を開発いたしました。

どんなタンクにも取り付け可能

  1) タンクを選ばず設置が可能
  
SWSはユニット化されているため、既存ろ過機に取り付けるだけで強力な洗浄機能を付加できます。
   様々な下降流式ろ過機に適用できるよう設計されています。
  2) コンパクトな設計
   
SWSはコンパクトな設計ですから、既存ろ過機周辺のわずかなスペースで設置できるよう配慮
   されています。制御盤も一体化されております。
  3) 特別なシステムは不要
   
SWSは逆流洗浄工程時のみ稼働するため、従来の処理工程システムに特別なプログラムを組み
   込む必要はありません。逆流洗浄時の信号をやりとりするだけです。
  4) ろ過砂・アンスラサイトの複層にも対応
   
SWSはろ過砂だけでなくアンスラサイトの洗浄にも対応しています。単層・複層いずれのろ過機でも
   お使いいただけます。


環境大国ドイツより逆輸入!

   環境大国ドイツにおいて、弊社ドイツ販売代理店であるエコトロン社(ecotron GmbH ドイツ・ツェレ市)とドイツ国内で共同実験を実施いたしました。実験は公共施設の実際に使用中のろ過機にて、実証実験を行いました。その実験の成功を受け、逆輸入製品として2009年4月1日より日本国内での販売を開始しております。
  また弊社においても、SWSの洗浄能力を確認するため、浄水場で実際に使用されたろ過材を用いて実験を行いました。洗浄前は汚泥によって完全におおわれていましたがSWSによるシフォン洗浄によって新砂と同程度まで洗浄することができました。
(下図:同一サンプルを同一時間の逆流洗浄のみとSWS洗浄を実施したろ過砂の写真)
 

シフォン洗浄によって洗浄を実施

 
ろ過材の洗浄原理
粒子にかかる重力とスクリュー揚力で渦流を形成 遠心力で外側に向かった粒子が渦流を形成 三次元の渦流によって、高速度の揉み洗いを実現
 
  ・高い洗浄効果
  逆流洗浄・空気洗浄では、目詰まりを防ぐ程度の効果しか望めませんが、
  「シフォン洗浄」はろ過材同士の揉み洗いにより頑固な汚泥分まで
  除去されるため、新砂に匹敵する洗浄濁度30度以下(
JWWA A 103:2004)の数値まで
  洗浄することができます。
  ・洗浄効果の高い「揉み洗い」ならろ過材の破砕もなし
  ろ過材同士の揉み洗いにより、ろ過材そのものを破砕することなく、
  表面に付いた汚泥のみを確実に除去することができるため、
  ろ過材を設計当初の規格に極めて近い状態に維持することが出来ます。
  ・汚泥分剥離流出現象の回避・低減が可能
  高い洗浄効果により、ろ過水への汚泥分剥離流出現象を回避・低減することができ、
  常に安定した水質を得ることができます。
 ・ろ過材の流出を大幅に減少
  逆流洗浄で流出したろ過材は極端に多くの汚泥やマンガンなどが付着した比重の軽いものであり、
  ろ過材そのものの粒径には関係なく流出します。
  シフォンタンクはろ過材を設計当初の規格に保つことによりろ過材の流出を大幅に減らすことができます。

SWSのフロー

①ろ過 ②逆流洗浄 ③SWS洗浄 ④逆流洗浄
従来通り、ろ過が行われます。このときSWSへ未ろ水が流入しないようにバルブを閉じておきます。 1) 通常のろ過装置と同様に逆流洗浄を開始します。
2) 同時にSWSに通じるバルブが開き、SWS内にスラリーが流入します。
3) シフォンモーターが始動しシフォン洗浄が開始されます。
1) 先にシフォン洗浄が終了します。
2) SWS配管内に残留しているスラリーをタンク内に戻します。
3) シフォン洗浄でろ過材から剥離された汚泥を、逆流洗浄によってタンクの外へ排出します。
逆流洗浄工程がすべて終了し、上部バルブが閉じて通常のろ過工程に戻ります。
※逆流洗浄を行うため、アンスラサイトとの複層ろ過も可能

  ろ過工程では、従来同様のろ過を行います。
ろ過材の洗浄は従来からの逆流洗浄にシフォン洗浄を併用することで、高性能かつ高効率なろ過材洗浄を施し、常にろ過材を清浄な状態に保つことができます。


SWSのフロー例



SWS標準仕様


    ●材  質  接液部:SUS304/電動機受台:SS400
 型式  高さ
(
mm)
 直径
(
mm)
 重量
(
kg)
 モーター
(
kW)
 処理能力
(L-ろ過材/
min
 Type AS  2155  200A  370*  2.2  150
 Type ASB  1713  200A  330*  3.7  150
 
    詳細については弊社もしくは代理店にご相談ください。
      ※仕様は予告なく変更する場合があります。  *=運転重量