本文へスキップ

MセラミックMceramic
除マンガン




  Mセラミックは除鉄・除マンガン用に使用される除マンガンろ材で、非常に大きな表面積をもつ多孔質の構造となっています。この母材表面に接触酸化性の強い被膜MnO₂・H₂Oを特殊加工によってコーティングさせ、マンガン砂よりも高い除マンガン能力を持っており、高流速ろ過が可能です。 Mセラミックとは物性が異なる除マンガンろ材Gセラミックもご用意しておりますので、原水水質、処理水目標値などに応じて使い分けます。
 

特  長

    1) Mセラミックの比重はGセラミックよりも若干重く、アンスラサイトと複層ろ過が可能です。
    原水に鉄とマンガンが共存する場合には、アンスラサイト層で除鉄を行い、
    Mセラミックで除マンガンを行う1塔処理が可能です。
    2) 一般のろ材よりも粒状が小さく、少ない水量で高い逆流洗浄膨張率が得られるため、
    逆流洗浄水量の削減が可能です。逆流洗浄時の膨張率は25%を推奨します。


物  性

 
 材質  真密度
 g/cm³
 嵩密度
 g/cm³
 粒径 マンガン
付着量
mg/g
摩減率
 %
 空隙率
 %
 セラミックGT  2.65~2.75  0.95~1.05  有効径0.35mm
 均等係数1.4以下

 有効径0.50mm
 均等係数1.4以下
 2.0  0.5~1.0  60~75

 

化学組成

 組成  SiO₂  Al₂O₃  Fe₂O₃  CaO  MgO  K₂O  Na₂O  TiO₂  その他
 含有量
  %
 42.9  43.61  1.42  0.32  7.35  0.71  0.90  0.46  2.29
    
    

使用方法

    1) Mセラミックの上層にアンスラサイトを敷き、複層で使用します。
    2) 鉄や濁質分が多い原水のマンガン除去をする場合、アンスラサイトとの複数ろ過にすることで対応可能です。
    3) アンスラサイトとの複層で使用できるため、濁質や鉄分が多い原水も1塔でろ過可能になります。
    4) 逆流洗浄時の膨張率は25%を推奨いたします。


使用上の注意点

 1.マンガン除去には原水への次亜塩素酸の注入が必要です(ろ過水の遊離残留塩素が0.7mg/L以上)。
 2.マンガンは酸性(pH6以下)条件下では除去しにくくなります。また、鉄はアルカリ性では除去しにくく
    なるため、マンガンと鉄が共存している場合はpH7程度に調節してください。
  ※鉄が高濃度の場合、Mセラミックとアンスラサイトの複数ろ過をお勧めします。
 3.ご使用前に次亜塩素酸を用いた次亜塩素酸処理が必要です(弊社での次亜塩素酸処理も承ります)。
 4.ろ過継続中に次亜塩素酸の注入量が不足すると、マンガン除去能力が失われる可能性があります。
 5.マンガン除去能力が失われたGセラミックは、高濃度次亜塩素酸を用いた次亜塩素酸処理作業を行うと
    マンガン除去能力が回復します。
 6.長期間ろ過を停止すると、マンガン除去能力が低下する可能性があります。停止期間や停止状態によって
    対応が異なりますので、ろ過を停止する際は弊社にご連絡ください。